• HTML
  • CSS
  • Linux
  • Perl
  • Windows
  • Hardware
  • OpenSUSE
  • Slackware
  • MySQL
  • Vim
  • JavaScript
  • Network
  • Security
  • Debian
  • PHP
  • MovableType
  • Postfix
  • Lenovo X200S
  • Dovecot
  • BIND
  • Samba
  • Apache
  • MacBook Air
  • SSH
  • Raspberry Pi
  • [Linux] [MySQL] MySQLのテーブルとインデックスの容量計算

    書式

    show table status from データベース名



    show table status from mysql

    カラム 意味
    Name テーブル名。
    Type テーブル型。 See 章 7. MySQL のテーブル型。
    Row_format レコードの保存形式(Fixed、Dynamic、または Compressed)。
    Rows レコードの数。
    Avg_row_length レコードの平均長。
    Data_length データファイルの長さ。
    Max_data_length データファイルの最大長。 固定レコード形式では、テーブルのレコードの最大数になる。 動的レコード形式では、テーブルに保存できるデータバイト数の合計(データポインタサイズの使用が前提)。
    Index_length インデックスファイルの大きさ。
    Data_free 割り当てられているが未使用のバイト数。~ Auto_increment 次の自動インクリメント値。
    Create_time テーブル作成時刻。
    Update_time 前回のデータファイル更新時刻。
    Check_time 前回のテーブルチェック時刻。
    Collation テーブルのキャラクタセットと照合順序(4.1.1 で導入)。
    Checksum チェックサム値(ある場合)(4.1.1 で導入)。
    Create_options CREATE TABLE で使用される拡張オプション。~ Comment テーブル作成時のコメント(または MySQL がテーブル情報にアクセスできない理由)。

    オライリーのMySQL本