• HTML
  • CSS
  • Linux
  • Perl
  • Windows
  • Hardware
  • OpenSUSE
  • Slackware
  • MySQL
  • Vim
  • JavaScript
  • Network
  • Security
  • Debian
  • PHP
  • MovableType
  • Postfix
  • Lenovo X200S
  • Dovecot
  • BIND
  • Samba
  • Apache
  • MacBook Air
  • SSH
  • Raspberry Pi
  • [Linux] [Slackware] Samba インストール - Slackware 12.1

    Sambaをインストールするに当たり、必要になったパッケージは下記の通り。

    GNU autoconf
    GNU m4

    Sambaのアーカイブを解凍し autogen.sh を実行したところエラーが出た。

    # wget http://us6.samba.org/samba/ftp/samba-latest.tar.gz
    # tar zxvf samba-latest.tar.gz
    # cd samba-3.3.1/source/
    # ./autogen.sh
    ./autogen.sh: need autoconf 2.53 or later to build samba from GIT

    autoconfがないため、先にautoconfをインストールした。

    $ ./autogen.sh
    ./autogen.sh: running script/mkversion.sh
    ./script/mkversion.sh: 'include/version.h' created for Samba("3.3.1")
    ./autogen.sh: running autoheader -Im4 -Ilib/replace
    autom4te: need GNU m4 1.4 or later: /usr/bin/m4
    autoheader: '/usr/bin/autom4te' failed with exit status: 1

    m4がないためこれもインストール。

    # ./autogen.sh
    ./autogen.sh: running script/mkversion.sh
    ./script/mkversion.sh: 'include/version.h' created for Samba("3.3.1")
    ./autogen.sh: running autoheader -Im4 -Ilib/replace
    ./autogen.sh: running autoconf -Im4 -Ilib/replace
    Now run ./configure and then make.

    続いて、インストール。
    LDAPとSWATは使用しないので外すようオプションを指定した。
    また、WindowsクライアントだけでなくLinuxクライアントからもSambaサーバに対してマウントするため、CIFSマウント(文字化け防止で使える)を使用できるようこちらもオプションを指定した。

    # ./configure --prefix=/usr/local/samba --without-ldap --disable-swat --with-cifsmount
    # make
    # make install

    アンインストールは make uninstall か make uninstallmo で行うらしい。

    次に、Samba用のユーザーを作成。

    $ smbpasswd -a USERNAME

    WindowsとLinuxで使用している文字コードがそれぞれ違うのでファイルの文字化けを対処するため、/usr/local/samba/lib/smb.conf に下記の内容を追加した。

    [global]
    unix charset = EUCJP-MS
    dos charset = CP932

    以下、起動方法。
    $ /usr/local/samba/sbin/smbd -D
    $ /usr/local/samba/sbin/nmbd -D

    Sambaに関する書籍